NEWS

>
新進気鋭のアーティストやクリエイターと連携し、次世代型エンターテイメントを 手掛ける「エンターテイメント・トランスフォーメーション事業」を開始 第一弾アーティストとして「7ORDER」とグロースパートナーシップ契約を締結

RELEASE

21.9.14

新進気鋭のアーティストやクリエイターと連携し、次世代型エンターテイメントを 手掛ける「エンターテイメント・トランスフォーメーション事業」を開始 第一弾アーティストとして「7ORDER」とグロースパートナーシップ契約を締結

株式会社Birdman(本社:東京都渋谷区、証券コード:7063、代表取締役:伊達晃洋、以下当社)は、コロナ禍で試行錯誤の続くエンターテイメント業界をアップデートするべく、当社の主力事業領域であるクリエイティブやデジタル・テクノロジーを駆使し、新進気鋭のアーティストやクリエイターと連携しながら新しいエンタメの形を創出する「エンターテイメント・トランスフォーメーション事業」を新設しました。
今回、本事業の第一弾アーティストとして、新進気鋭の7人組アーティスト「7ORDER(セブンオーダー)」と、2021年9月14日(火)にグロースパートナーシップ契約を締結しました。

< エンターテイメント・トランスフォーメーション事業について >

■ 新規事業開始の趣旨

コロナ禍で試行錯誤の続くエンターテイメント業界をアップデートするべく、当社の事業領域であるデジタル・テクノロジー、クリエイティブの知見を活用し、新進気鋭のアーティストやクリエイターと連携しながら新しいエンタメの形を創出する「エンターテイメント・トランスフォーメーション事業(以下、EX事業)」を新設しました。
当社は、旧社名エードット時代より戦略構築やデジタルソリューション、クリエイティブを武器に、数多くの事業プロデュースやマーケティング・コミュニケーション施策を手掛けてまいりました。

今回の「EX事業」新設により、広告・プロモーション市場からエンターテイメント市場まで事業領域を拡張させコンテンツビジネスを手がけてまいります。

なお、EX事業を開始するにあたり、「7ORDER」と2021年9月14日にアーティスト活動に関するグロースパートナーシップ契約を締結しました。7ORDERは、安井 謙太郎、真田 佑馬、諸星 翔希、森田 美勇人、萩谷 慧悟、阿部 顕嵐、長妻 怜央から構成され、音楽、演劇、アート、ファッションなど、メンバーのスキルを生かしながらジャンルレスな活動を通じて、ファンと”かけがえのない瞬間を創り出す”をモットーとするアーティストグループです。

 

■本事業を推進する背景

通信やデジタル・テクノロジーの発達で、リアル空間〜デジタル空間をストレスなく、シームレスに行き来できるようになりました。
まさに今、新しいエンターテイメントの形や次世代のエンターテイナーが次々と生まれようとしています。
このような中で、当社はデジタル・テクノロジーの知見を駆使して、型にとらわれずジャンルレスに生きる次世代アーティスト・クリエイターがファンや企業との新たなコミュニケーションや関係性を構築でき、スターになるためのプラットフォームを実現してまいります。

 

■既存主力事業とのシナジー

既存のブランディング・広告プロモーション事業においても、アーティストを起用した企業のマーケティング活動支援の推進をしてまいります。
また、広告・エンターテイメント業界の慣習となっている「年間契約/クール契約」といった型にとらわれず、当社マーケターやクリエイター、そしてアーティスト自身が企業のマーケティングゴールを理解し伴走することで、ビジネスの成功率を飛躍的に上げていく「共創型」「レベニューシェア型」のコラボレーションを取り入れながら、顧客にとって最適なソリューションを提案してまいります。
このように顧客との短期的なタイアッププロモーションはもとより、顧客のマーケティング課題に中長期的に伴走するソリューションを拡充することで、当社の企業価値向上に寄与するものと考えております。

 

■今後の展望

今回の7ORDERとのグロースパートナーシップ契約締結によるEX事業開始の発表を皮切りに、7ORDERのファンが熱狂でき、新しいファンを創りあげるべく、デジタル・テクノロジーを駆使したエンターテイメント計画を進行させています。
こちらについては、後日ご案内差し上げます。

また、7ORDER自身の活動である全13箇所で実施予定、最終公演を国立代々木競技場第一体育館で開催する今冬以降のツアーやライブについても、当社がサポートしてまいります。

リリースの詳細はこちらからご覧ください。

 

RELEASE

21.7.15