新進気鋭のアーティストやクリエイターと連携し、次世代型エンターテイメントを 手掛ける「エンターテイメント・トランスフォーメーション事業」を開始 第一弾アーティストとして「7ORDER」とグロースパートナーシップ契約を締結

株式会社Birdman(本社:東京都渋谷区、証券コード:7063、代表取締役:伊達晃洋、以下当社)は、コロナ禍で試行錯誤の続くエンターテイメント業界をアップデートするべく、当社の主力事業領域であるクリエイティブやデジタル・テクノロジーを駆使し、新進気鋭のアーティストやクリエイターと連携しながら新しいエンタメの形を創出する「エンターテイメント・トランスフォーメーション事業」を新設しました。
今回、本事業の第一弾アーティストとして、新進気鋭の7人組アーティスト「7ORDER(セブンオーダー)」と、2021年9月14日(火)にグロースパートナーシップ契約を締結しました。

< エンターテイメント・トランスフォーメーション事業について >

■ 新規事業開始の趣旨

コロナ禍で試行錯誤の続くエンターテイメント業界をアップデートするべく、当社の事業領域であるデジタル・テクノロジー、クリエイティブの知見を活用し、新進気鋭のアーティストやクリエイターと連携しながら新しいエンタメの形を創出する「エンターテイメント・トランスフォーメーション事業(以下、EX事業)」を新設しました。
当社は、旧社名エードット時代より戦略構築やデジタルソリューション、クリエイティブを武器に、数多くの事業プロデュースやマーケティング・コミュニケーション施策を手掛けてまいりました。

今回の「EX事業」新設により、広告・プロモーション市場からエンターテイメント市場まで事業領域を拡張させコンテンツビジネスを手がけてまいります。

なお、EX事業を開始するにあたり、「7ORDER」と2021年9月14日にアーティスト活動に関するグロースパートナーシップ契約を締結しました。7ORDERは、安井 謙太郎、真田 佑馬、諸星 翔希、森田 美勇人、萩谷 慧悟、阿部 顕嵐、長妻 怜央から構成され、音楽、演劇、アート、ファッションなど、メンバーのスキルを生かしながらジャンルレスな活動を通じて、ファンと”かけがえのない瞬間を創り出す”をモットーとするアーティストグループです。

 

■本事業を推進する背景

通信やデジタル・テクノロジーの発達で、リアル空間〜デジタル空間をストレスなく、シームレスに行き来できるようになりました。
まさに今、新しいエンターテイメントの形や次世代のエンターテイナーが次々と生まれようとしています。
このような中で、当社はデジタル・テクノロジーの知見を駆使して、型にとらわれずジャンルレスに生きる次世代アーティスト・クリエイターがファンや企業との新たなコミュニケーションや関係性を構築でき、スターになるためのプラットフォームを実現してまいります。

 

■既存主力事業とのシナジー

既存のブランディング・広告プロモーション事業においても、アーティストを起用した企業のマーケティング活動支援の推進をしてまいります。
また、広告・エンターテイメント業界の慣習となっている「年間契約/クール契約」といった型にとらわれず、当社マーケターやクリエイター、そしてアーティスト自身が企業のマーケティングゴールを理解し伴走することで、ビジネスの成功率を飛躍的に上げていく「共創型」「レベニューシェア型」のコラボレーションを取り入れながら、顧客にとって最適なソリューションを提案してまいります。
このように顧客との短期的なタイアッププロモーションはもとより、顧客のマーケティング課題に中長期的に伴走するソリューションを拡充することで、当社の企業価値向上に寄与するものと考えております。

 

■今後の展望

今回の7ORDERとのグロースパートナーシップ契約締結によるEX事業開始の発表を皮切りに、7ORDERのファンが熱狂でき、新しいファンを創りあげるべく、デジタル・テクノロジーを駆使したエンターテイメント計画を進行させています。
こちらについては、後日ご案内差し上げます。

また、7ORDER自身の活動である全13箇所で実施予定、最終公演を国立代々木競技場第一体育館で開催する今冬以降のツアーやライブについても、当社がサポートしてまいります。

リリースの詳細はこちらからご覧ください。

 

Birdmanがブランドコンサルティングを得意とする柴田陽子事務所と業務提携。 より包括的な事業成長のブランディングパートナーに

株式会社Birdman(本社:東京都渋谷区、証券コード:7063、代表取締役:伊達晃洋、以下Birdman)と、ブランドプロデューサー柴田陽子氏が代表を務めるブランディング・コンサルティング会社の有限会社柴田陽子事務所[shibajimu](本社:東京都渋谷区、代表取締役:柴田陽子、以下柴田陽子 事務所)は業務提携し、ブランディングの上流設計から、デジタルやテクノロジー、クリエイティブを駆使したアウトプットまで、事業課題の解決や事業成長につながる支援をワンストップで提供いたします。

柴田陽子事務所は、同社代表のブランドプロデューサー柴田陽子を中心に、一過性の話題性や流行で終わらない、企業や商品の価値を引き出すブランディング領域で日本を代表する様々な企業のプロジェクトを手掛けています。

今回の業務提携による両社の得意領域を掛け合わせることで、ブランディングにおけるコンセプト開発や企画設計から、クリエイティブ領域やプロダクト/WEB開発などのテクノロジーを駆使したアウトプットまで、ワンストップで包括的に手掛けることが可能になり、企業や事業の成長を実現するブランディング・パートナーとして伴走支援いたします。

「攻めのDX」で事業変革を実装する伴走支援型サービス 「Birdman DX」提供開始

株式会社Birdman(本社:東京都渋谷区、証券コード:7063、代表取締役:伊達晃洋、以下Birdman)は、これまで培ってきた戦略構築やデジタルソリューションを活用し、事業課題に合わせた「攻めのDX」を実装する伴走支援型サービス「Birdman DX」の提供を開始します。また、サービスの開始に合わせて本日7月13日12時に、専用WEBサイトをオープンしました。

Birdman DXとは

「Birdman DX」は、新型コロナウイルスによる社会・市場・生活の変化により迫られた事業変革や、5GやAI、データ活用などの通信・デジタル技術の進展により求められるDX※化に対して、事業成長につなげる「攻めのDX」を実装するためのサービスです。Birdmanの戦略的な課題解決設計とデジタルテクノロジーによる実行力、業界第一線で活躍してきたトップクリエイターが率いるチーム編成により、事業の課題解決から市場拡大・事業成長までを見据えたソリューションを提供します。本サービスにより、課題の抽出、課題からの事業戦略設計・企画、デジタルテクノロジーを駆使したソリューション提供を、事業課題に合わせてワンストップで支援することが可能です。また、本サービスの提供開始に合わせて、「Birdman DX」専用WEBサイトをオープン。Birdmanがこれまで手がけた事例を交えて、 イメージしづらいDXの導入事例をご紹介します。

リリースの詳細はこちらからご覧ください。

Birdmanとディグラム・ラボが戦略的業務提携 日本最大級の性格データベースを活用した事業開発・課題解決ソリューションを提供

株式会社Birdmanは、心理学と統計学を組み合わせた性格診断「ディグラム診断」を提供するディグラム・ラボ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:木原誠太郎、以下ディグラム・ラボ)と戦略的業務提携を結び、事業開発・戦略立案・マーケティング・ブランディング・メディアプランニングなどでの協業を実施いたします。

ディグラム・ラボは、リサーチプロデューサー木原誠太郎氏が開発した、心理学・統計学を組み合わせた性格診断 「ディグラム診断」を研究・運営。アンケート調査や実証実験により取得した日本最大級の性格データベースを活用した様々なプロジェクトに取り組んでいます。
Birdmanは、ビジネス戦略とクリエイティブ、デジタルテクノロジーを掛け合わせ、企画戦略立案やブランディング、DX推進による事業成長・市場開拓の実現を支援しています。
今回の2社間の協業により、ディグラム・ラボの性格データベースを基にした「サイコグラフィックマーケティング」を、Birdmanが提供する事業成長ソリューションに組み込むことで、最適なターゲットの抽出やターゲットインサイトを踏まえた戦略構築を可能にし、包括的なコミュニケーション領域の課題解決を支援いたします。

今回の協業により提供できる事業支援

  1. 性格データベースを活用した精度の高いメディアプランニングを提供
    ディグラム・ラボが持つ日本人の性格に関する独自のインサイトデータを活用することで、広告実施前の段階でターゲットの趣向や行動傾向を把握し、商品やサービスに最適化された、精度の高いメディアプランニングが可能になります。特にデジタル広告では、これまでデジタルマーケターの勘所に頼る部分が多かった定性的な広告配信から、より精緻にターゲティングした広告配信を実施することができます。これにより、広告配信の精度が向上し、ターゲティングの損失を減らして効果を最大化する広告プランを実装します。
  2. 性格データベースを組み込んだ「ハズさない」戦略・企画立案の提供
    ディグラムラボが蓄積した日本最大級の性格データベースを基に、クライアントの商品やサービスのターゲットを分析。より精度の高いターゲットのセグメントや、ターゲットインサイトを捉え、企画立案時から組み込むことが可能になります。これまでの、Birdmanのブランディング・マーケティング・プロダクト開発のクリエイティブノウハウと掛け合わせることで、質の高い”ハズさない”コミュニケーション戦略を提供します。
  3. 性格診断のコンテンツ力向上
    これまで様々なコンテンツに活用されてきたディグラム・ラボの性格診断※を、Birdmanのクリエイティブやブランディング、プロデュース力と掛け合わせることで、拡散効果や体験価値の高いコミュニケーション施策を実施します。
    特にユーザー体験と相性の良いSNSやデジタルを活用したプロモーション施策などで高いエンゲージメントや拡散・シェアが期待できます。
  4. 協業による事業領域の補完関係で、併走力・対応力を強化
    Birdmanとディグラム・ラボの互いの事業領域や得意分野を補完しあいながら、それぞれ支援するクライアントや事業に対して包括的に事業課題に応えてまいります。
    協業により生まれるシナジーを生かし、企画前のターゲティングやマーケット・リサーチから、コミュニケーション施策のアウトプットまで併走し、一気通貫したサービスを提供します。

 

リリースの詳細はこちらからご覧ください。

 

 

​「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」に、Birdmanが手掛けた3プロジェクトが4部門で受賞

世界最大規模のクリエイティブアワード「カンヌライオンズ」は、新型コロナの影響を受けて延期となった2020年度分の発表を含め、過去2年度分が2021年6月21日から25日にかけて発表されました。そのカンヌライオンズにおいて、Birdmanが手掛けたプロジェクト「IS JAPAN COOL? GAME CHRONICL」「MEET YOUR SECOND LIFE」「PA!GO」の3つが受賞。エンターテイメント部門とメディア部門でブロンズ、クリエイティブデータ部門とイノベーション部門でショートリスト入りを獲得する結果となりました。

また、カンヌライオンズの受賞により、「MEET YOUR SECOND LIFE」は、既に受賞した2021年の「Clio Award」「The One Show」と合わせて、世界三大広告賞と言われる全てのアワードで受賞を達成しました。
その他、WEB界のアカデミー賞とも言われている「Webby Awards」も受賞しています。

Birdmanはこれまで手掛けたプロジェクトで、世界中の広告やデジタル、クリエイティブ領域のアワードを400以上獲得しています。戦略設計・企画立案からアウトプットの実装までを手掛けられる強みを生かし、今後も世界中に驚きや感動、新たな体験価値を生み出すプロジェクトを手掛けてまいります。

 

受賞内容の詳細はこちらからご覧ください。

Birdmanが株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」 を運営する株式会社日本クラウドキャピタルへの出資を実施

資金調達から戦略設計・市場拡大まで、ベンチャー企業の事業成長に対する総合的な支援体制を構築

株式会社Birdman(本社:東京都渋谷区、証券コード:7063、代表取締役:伊達晃洋、以下Birdman)は、株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO(ファンディーノ)」を運営する、株式会社日本クラウドキャピタル(本社:東京都品川区、代表:柴原祐喜/大浦学、以下日本クラウドキャピタル)が実施する第三者割当増資を受け入れ、日本クラウドキャピタルへの総額30,000千円の出資を実施しました。

これにより、Birdmanは日本クラウドキャピタルとともに、優良ベンチャー企業の事業成長に対し、総合的な支援体制を構築いたします。

投資先である日本クラウドキャピタルは、日本初となる株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO」を運営し、優良ベンチャー企業とそれを支援したい投資家をつなげる事業を展開しています。

株式投資型クラウドファンディングとは、非上場株式の発行により、インターネットを通じて多くの人から少額ずつ資金を集める仕組みです。これにより、非上場企業の成長にとって、もっとも重要な要素である資金調達の新たな手段を生み出しました。

Birdmanは日本クラウドキャピタルへの出資を通じて協力関係を構築し、非連続的な事業成長が必要と されるベンチャー企業に伴走し、必要な資金調達から事業価値の向上のためのブランディングやプロデュース、DX推進を提供します。これにより、ベンチャー企業の成長ステージや調達資金にあわせた綿密な事業 戦略を組み込むことを可能にし、事業成長の最大化につなげてまいります。

Birdmanはこれまでスタートアップ投資やアクセレータープログラムとともに、Birdmanの事業領域でもあるブランディングやDX推進などの支援を通じて、ベンチャースタートアップへの総合的な支援に取り組んできました。今回の日本クラウドキャピタルの出資を通して、日本の優良スタートアップ・ベンチャーを支援することで企業間におけるシナジーをもたらし、日本の経済を盛り上げてまいります。

 

リリースの詳細はこちらからご覧ください。

株式会社エードットが株式会社Birdmanに社名変更し、CIをフルリニューアル

“Strategy&Crazy” 戦略的遊び心で夢を社会にインストールする、日本、そして世界のトップカンパニーへ。

コンサルティング、戦略設計、ブランディング、PR・プロモーションをワンストップで一貫して行う事業プロデュースカンパニー「株式会社エードット」(本社:東京都渋谷区、証券コード:7063、代表取締役:伊達晃洋、以下エードット)は、2021年2月22日より「株式会社Birdman」へと社名変更したことをお知らせいたします。また社名変更に伴い、コーポレートアイデンティティやコーポレートロゴ等のフルリニューアルを実施いたしました。

 

リリース全文はこちら

株式会社Birdmanの新しいCIについてはこちら

大規模国際総合展「コンテンツ東京2020」にアイデア発想支援ツール「Inspiration Wall」出展決定!〜2020年10月21日~23日@東京ビックグサイトにて開催〜

最先端のデジタル技術を駆使した総合クリエイティブプロダクション「株式会社BIRDMAN」(株式会社エードット[証券コード7063]のグループ会社、本社:東京都渋谷区、代表者:代表取締役 築地 ROY 良、以下、BIRDMAN)は、人工知能開発事業を営むデータアーティスト株式会社(本社:東京都港区、代表者:代表取締役 山本 覚、以下、データアーティスト)と共同で開発したアイデア発想支援ツール「Inspiration Wall (インスピレーション・ウォール)」(https://inspirationwall.ai)を、10月21日(水)〜23日(金)の3日間にわたり大規模国際総合展「コンテンツ東京2020」に出展します。

◾️大規模国際総合展「コンテンツ東京」とは?

今年で10回目を迎える「コンテンツ東京」とは、7つの専門見本市から構成され、コンテンツビジネスを支えるあらゆる要素が出展する大規模国際総合展です。エンターテイメント産業活性化やマーケティングにおけるコンテンツ活用促進を目的に、さまざまな企業が集まります。

「コンテンツ東京 2020 (CONTENT TOKYO 2020) 」
会期:2020年10月21日(水)〜23日(金) 10:00~18:00 最終日のみ※17:00終了
会場:東京ビッグサイト 西展示棟 16-16

もっと多くの人たちに「Inspiration Wall」を使ってインスピレーション体験をしてほしいと考え、今回「コンテンツ東京2020」へ出展するに至りました。ご都合のよいお日にちに、ぜひ皆さまにご来場いただければ幸いです。

「コンテンツ東京」出展に関する詳細はこちら

インスピレーションAI が会話を独自アルゴリズムで分析し、“ミーティング・サイレンス“を解消 アイデア発想支援ツール 「Inspiration Wa ll」を発表 ~2020 年 8 月、「渋谷キューズ(東京・渋谷)」にて展示予定 ~

最先端のデジタル技術を駆使した総合クリエイティブプロダクション「株式会社BIRDMAN」(株式会社エードット[証券コード7063]のグループ会社、本社:東京都渋谷区、代表者:代表取締役 築地 ROY 良、以下、BIRDMAN)は、人工知能開発事業を営むデータアーティスト株式会社(本社:東京都港区、代表者:代表取締役 山本 覚、以下、データアーティスト)と共同で2020年7月6日、ミーティング時のアイデア発想支援ツール「Inspiration Wal(l インスピレーション・ウォール)」を発表しました。
大勢でミーティングをしていても、「企画が行き詰まる」「活発に意見が出ない」「ブレストしても会話が進まない」「沈黙が続く」といった「ミーティング・サイレンス※」は誰しもが経験しています。ミーティングでは、それぞれの先入観によってアウトプットが左右され、創出されたアイデアは参加者が経験してきたことの最小公倍数であると考えられます。

総合クリエイティブプロダクションとしてミーティングが重要な位置づけであるBIRDMANでは、このような「不」に着目し、解決するためのツールを自社開発しようと取り組んだのが、「Inspiration Wall」です。“人間の経験や頭脳を超えてアイデアを創出したい” ”ミーティング・サイレンスを解消したい”“ たまたま出会ったキーワードやイメージからアイデアが浮かぶあの感覚を常に創出したい“という想いから、AIを活用したデータ解析やシステム構築を得意とするデータアーティストと共同で開発を決定したものです。

※ミーティング・サイレンスとはミーティングを行っている際にアイデアが思い浮かばず沈黙が続くことで、スタックしてしまう現象のこと。多くの企業でミーティングの生産性を阻害していると考えられ、BIRDMANにおいても多くのプロジェクトを手掛けてきた中で、たびたび直面してきた課題であり、造語となります。

リリース全文はこちら

adotとadinteがリテールメディア・マーケティングで協業

コンサルティング、戦略設計、ブランディング、PR・プロモーションをワンストップで⼀貫して⾏う事業プロデュースカンパニー「株式会社エードット」(本社︓東京都渋⾕区、証券コード︓7063、代表取締役︓伊達晃洋、以下エードット)と、AIBeacon(tm)を活⽤したO2O・OMOマーケティングやDMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)事業、リテールメディア開発、運⽤を⾏う株式会社アドインテ(本社︓京都府京都市、代表取締役︓⼗河慎治、以下アドインテ)は、アドインテの⽣活⾏動データやAI、コンテンツ配信プラットフォームなどのDX(デジタルトランスフォーメーション)技術と、エードットのクリエイティブコンテンツを掛け合わせた新たなリテールメディア開発で協業を開始します。

今回、エードットとアドインテが協業するインストアメディア「モバイルショッパーアドネットワーク」は、ユーザーの消費⽣活⾏動データをAIが解釈し、⽣活者にとって最適なタイミングで最適なカテゴリの広告を、質の⾼いコンテンツと組み合わせて配信することで、ブランド価値を損なうことなく消費者とのエンゲージメントを⾼める仕組みを実現します。
この協業において、アドインテは保有する⼤規模な消費⽣活⾏動データとAIを元にしたリテールメディアDMP・DSP、デジタルコンテンツの配信技術・デジタルメディアの活⽤を、エードットは多種多様なサービス、ブランドのプロデュースを⼿掛けてきた強みを⽣かしたクリエイティブ、話題化させるコンテンツ制作を担当。両社のシナジーを融合した最適なコミュニケーションを実現します。

本事業のリリース全文