一般的な営業職とは異なる、BirdmanのRelation本部の役割とは?

Birdmanでは、クライアント開拓や担当クライアントに対するコミュニケーション戦略の立案・実行の提案営業などの業務を担うRelation本部の人材を積極的に募集しています。

今回、Birdmanのプロジェクトの根幹を担うRelation第1本部 2部の部長 二神 雄揮にインタビュー。Relationとしての仕事内容ややりがい、Birdmanが求める人物像などお話ししてもらいました。

二神 雄揮/Yuki Futagami
上場メガベンチャーや創業まもないスタートアップでのBizDev職(事業開発職)を経て、2019年にBirdmanへ入社。
Relation部門として、多種多様な業界のクライアントの事業開発/戦略PR/販促/デジタル/ブランディング等を支援。

営業ではなく、BizDev(事業開発)?

Birdmanに入社される前はどのようなお仕事をしていましたか。

前職や前々職では、小規模〜中規模クラスのHR系の新規事業を複数立ち上げていました。

立ち上げ期は人もお金も不足していたので、自分以外の正社員はおらずインターン生を知り合い伝いで採用したり、マーケティングも他部署の仲の良いマーケターに手伝ってもらったり、あえて他の事業部と近しい領域の事業を立ち上げつつ、他の事業部でアタックしていない(ホットリードでない)リストを提供してもらったり、営業も0からリストを作って自分で当たったり、ちょっとしたバナーデザインは自分でやったり、サイトもStudio(https://studio.design/)等ノーコードツールを活用してコストを抑えて作成したり、カスタマーサポートやったりと、とにかくなんでも泥臭くやっていました。笑

なぜBirdmanに入社することになったのでしょうか。

BirdmanのRelation本部が、BizDev(事業開発)観点を持ちながら、自社プロダクトだけでなく様々なクライアントのサービスの成長に携われるという稀有な環境であるということに魅力を感じたことが大きな理由になります。

これまでの職場におけるBizDev(事業開発)職の先輩方のキャリアとしては、そのまま事業会社で同じ職種を続けていく方々と、自分の知識を生かしてより多くの会社の成長に貢献したいといってコンサルタントの道に進む方々にほぼ二極化されていました。

私も例に漏れずそのどちらかの道になるのかなと思いつつも、コンサルタントの道に進んでいた先輩達からは「コンサルタントとしては上流の戦略設計が肝で、なかなか実行の部分まで自分で手触り感を持って進めていくことができない」という意見をよく聞いており、それが理由で事業会社に戻っていく人たちもよく見てきました。

もちろん全てのコンサルタントが実行の部分まで手触り感を持って進めていくことができない、ということは決してないと思いますが、私は上記の話から、できるだけこれまでの事業を育てるという知見を活かして、泥臭い部分まで手触り感を持って進められつつも、事業会社として自社事業だけを育てるのではなく、より自身の影響力を広げてもっと多くの会社の成長に貢献できないか、と考えるようになりました。

そこで色々調べていた時に、広告やクリエイティブの会社の中でも特殊な立ち位置に存在するBirdmanという会社にたどり着きました。

コンパクトな組織ながら、企画からアウトプットまで一気通貫で対応できる組織構造となっており、それに加え、大手広告代理店と違って幅広い職種のプロフェッショナルを社内に正社員として抱えているため、内製で対応できることが非常に多いことが特徴です。(販促プロモーション、戦略PR、ブランディング、プロダクト開発 etc)

ですから、Birdmanはクライアントとの対話から彼らの成長に必要なアクセルとなるポイントがどこであるのかということを見極めるところから、それを手触り感を持って実行にまで移していき、その結果を元に更なる成長のための効果検証やご提案に繋げていける、といったことが、通常のBizDev職やコンサルタント職とも違った弊社のRelation本部の魅力だと思っています。

二神さんの所属するRelation本部とはどのような部署か教えてください。

先ほども述べたように、Relation本部はまさにBizDev(事業開発)職に近い役割だと思っています。

クライアントのサービスやプロダクトで、どのボトルネックを解消するか、もしくはどのポイントのアクセルを踏むと一番成長に繋がるか、ということを見極め、クリエイター達と一緒に戦略立案/施策実行に繋げていきます。

また、Relation本部メンバーの過去の経験職種としては、

・プロデューサー

・BizDev(事業開発)

・マーケター

・営業

等様々ですが、営業観点ですと「何でも売り物になる」ということも魅力の一つだと思います。

例えば私の前職のような人材会社では、採用ツールを売る際に「営業はソリューションセールス・コンサルティングとして、クライアントの一番大きく抱えている問題から自分たちで解決可能な課題に落とし込み、受注につなげる」ということを言われていましたが、【自分たちで解決可能な課題】となると結局採用ツールだけで解決できる課題となってしまいます。

一方でBirdmanは、その解決できる課題は無限にあると言っても過言ではないかと思います。

採用の課題には、ブランディングのアプローチや応募者獲得のためのプロモーションというソリューションがあれば、例えばIR的な課題として、PRといったソリューションも提供できます。

売り物は自分自身でクリエイターと協力してカスタマイズして行けば良いので、そう言った真の意味での「ソリューションセールス」ができる、ということは大きな魅力になりうるかなと思います。

具体的にどのような業務をしているのでしょうか。

まずはいろいろな手法を用いてクライアント候補を探します。メンバーによって様々ですが、既存クライアントからの紹介 / Birdmanへのお問い合わせが主となります。

その後、クライアントと最初の打ち合わせではBirdmanの会社概要をお話しし、クライアントがどのような課題を抱えているのかをヒアリングするところからはじまります。具体的には、クライアントの抱えられている課題や将来のビジョンなどに対し、直近で解決した方が良い課題を見つけ、深堀りしていきます。

そして「こうしたら解決できるのではないか?」という方向性やそのために必要な予算/スケジュールなどの与件を固めさせていただきます。

その後社内に持ち帰り、それぞれの与件に沿った適切なチームを編成する為、各クリエイターの部署の部長達に社内のプロジェクトメンバーのアサインを依頼します。例えばWebサイトのリニューアルであれば、内容によってはアートディレクター1人、PM1人、Webディレクター1人、デザイナー1人、エンジニア1人で体制を作りましょう、等その案件ごとによってメンバーが違います。

プロジェクトメンバーが決まったら、クライアントと決定した与件に沿って社内オリエンテーションを開催し、提案に向けクリエイター達の作業がスタートます。出来上がったものをクライアントに提案し、無事に発注いただけたらそのまま納品に向けて進行していく、といった流れになります。

求めるものはスキルではなく、素直さ / 責任感

どんな方にご応募いただきたいですか?

この部署では、特殊な技能的スキルは必要ありません。大切なのは何事もスポンジのように吸収し、柔軟に自分を変えて成長していけるひたむきな素直さと、一つ一つのプロジェクトを完遂させる責任感です。

先ほどもお伝えした通り、Birdmanは特殊な立ち位置にいる会社なので、過去に全く同じような職域を担当していた方というのはなかなか他にはいないと思います。(もちろん、そういった方がいたら大歓迎ですので、ご応募お待ちしております!)

だからこそ、入社する前の実績よりも、入社した後にしっかりアジャスト可能な方に入社いただきたいです。案件の種類が多岐に渡り、ARやデジタルインスタレーションなど最新技術を活用した提案も多いので、スポンジのように吸収し、学んでいける人、そしてそれを日々改善できる人に入社いただきたいです。

あとは責任感も重要です。クライアント毎に業種も違えば、課題や予算、提案内容も全く異なります。その中で全部自分が知っていることしか提案できません、というわけにはいきません。僕もBirdmanに入社したときは、WebについてもPRについても知らなかったですし、テレビCMってどうやって放送されているんだろうという状況でした。

とはいえ、Relation本部が案件の責任者であり、クライアントは僕たちを信じてお仕事を任せていただいていますので、一番の責任をもってやりきらないといけません。わからないことがあっても逃げずに、社内・社外を通じてスピード感高くインプットしていき、プロジェクトを完遂させていく人と一緒に働きたいです。もちろん、我々にできるサポートはなんでもします!

どんなスキルが必要なポジションでしょうか?

似たような企業、広告業界でBizDev、営業、プロデューサーをやっていた方は親和性が高いです。あとは全然違う業種の方でも、クライアントのニーズに併せて自社商品をカスタマイズして売ってきた方も親和性があるかと思います。

最後に未来の仲間に向けて一言、メッセージをお願いします!

最高な仕事をしてクライアントを大きく成長させ、Birdmanを一緒に大きくしてくれる仲間を募集しています!ピンチもチャンスと捉え、何事もポジティブに前を向いて楽しく結果を出していく。そんな組織を目指していますので、是非ちょっとでも気になった方はご応募ください!

株式会社Birdmanでは一緒に働く仲間を募集しています